【五ヶ瀬ワイナリー】

五ヶ瀬ワイナリーは宮崎県の北部、九州山地に抱かれ、美しい夕日の里として知られる五ヶ瀬町にあります。
五ヶ瀬町は四季がはっきりしており、南国宮崎にありながら冬は雪も降る寒暖差の大きな土地柄と、平成の名水100選にも選ばれた妙見神水もある美しい水とが、糖度と酸味のバランスが絶妙なブドウを育みます。

五ヶ瀬ワイナリーは宮崎県の北部、九州山地に抱かれ、美しい夕日の里として知られる五ヶ瀬町にあります。
五ヶ瀬町は南国宮崎にありながら冬には雪が降る寒暖差の大きな土地柄と、平成の名水100選に選ばれた古より「四億年の雫」と呼ばれる
妙見神水(みょうけんしんすい)もある美しい水が、糖度と酸味のバランスが絶妙な葡萄を育みます。

【五ヶ瀬ワインビネガー】

~五ヶ瀬町産葡萄100%のワインでつくられたワインビネガー~
現在、五ヶ瀬町内にあるブドウ栽培農家は35戸。
厳しくも豊かな自然と向き合いながら育てたブドウから生まれるワインは、収穫したてのブドウを食べているかのような、みずみずしさあふれるフルーティーな仕上がりです。上品なワインの香りと、やさしさとふくらみのある味わいが特徴の五ヶ瀬ワインビネガー。世界中を魅了する白ワインの王様と呼ばれる葡萄の品種「シャルドネ」等からつくられています。

【ビネガードリンク ナイアガラ】

現在、五ヶ瀬町内にブドウ栽培農家は35戸。
厳しくも豊かな自然と向き合いながら育てたブドウから生まれるワインは、収穫したてのブドウを食べているかのような、みずみずしさあふれるフルーティーな仕上がりです。
栽培農家とワインの造り手の想いが詰まった五ヶ瀬ワインの代表ワイン「ナイアガラ」がビネガードリンクになりました。
五ヶ瀬ワインの個性を大事にした上品なワインの香りと、やさしさとふくらみのある味わいが特徴です。

「ナイアガラ」という品種

宮崎県五ヶ瀬ワイナリーから新発売果皮は緑~黄緑色で、糖度が高くて甘みが強く、果汁が豊富で特有の芳香があります。ジュースや白ワインの原料として利用されることが多く、生食向けの流通量はそれほど多くありません。